専門診療のご案内
Guide

ホーム > 専門診療のご案内

専門診療のご案内Guide

京都動物医療センターは『京都の動物に最高の医療を』を理念とし、最先端の医療設備と高い技術や知識を持つ獣医師のもとで専門診療を実施しております。飼い主様とかかりつけ医と専門医が一つのチームとなって、動物の命や幸せに向き合っていきましょう。

専門診療は完全予約制で、かかりつけの病院様からのご紹介が必要になります。予約なしでお越しの場合は診療ができかねますのでご了承ください。

画像診断科
呼吸器科
内科
軟部外科
整形外科
腫瘍科
皮膚科・耳科
眼科
アレルギー科
脳神経科 (提携病院)

▲:要相談(電話にて確認が必要です)

画像診断:日曜日隔週

呼吸器科:日曜日診察 平日要相談

科目紹介Medical treatments

総合診療科

総合診療科では、体調は悪いがどこの部位が原因か特定できない、どの専門診療科かがわからない場合に、総合的な診察を実施します。一般内科、一般外科を中心とした各種診療を行い、専門を見分け、各専門診療科への窓口になります。

画像診断科

画像診断科では、動物病院様からの依頼にもとづき、CTとMRIを用いたあらゆる分野の画像診断を実施しています。画像から得られる様々な情報を依頼元の皆様にお届けすることで、病気の診断やその治療方針の決定に大きく貢献します。

CT
80列/160スライスCT Cannon Aquilion Lightning Heliosを導入。高精細0.5mmスライスにて高速撮影を実現し、猫、小型犬~大型犬まで幅広く対応。重症例でも、無麻酔での撮影を実現します。

MRI
0.4T MRI日立APERTO Lucentを導入。神経科や画像診断科との連携により、精度の高い画像を作成し、診断に寄与します。豊富なコイルにより・小型犬から大型犬の様々な部位を撮影可能。

山城 徳之Yamashiro Noriyuki 【歴任】 近畿動物医療研修センター病院長

呼吸器科

呼吸器科では犬猫の全ての異常呼吸を診療対象としています。一般検査に加え、動脈血液ガス分析、X線透視検査、CT検査、内視鏡検査を実施することで、病態生理を的確に把握します。慢性咳嗽や肺胞・間質疾患、肺高血圧症、咽喉頭~気管外科に特に長けており、ハイリスクな難治性疾患を治療成功へと導くことが可能です。

末松 正弘 Suematsu Masahiro AMC末松どうぶつ病院 副院長 鹿児島大学 共同獣医学研究科 外科学分野大学院所属 獣医循環器学会 認定医
進藤 允 Shindou Makoto

京都大学大学院医学研究科 呼吸器内科学所属 【歴任】 大阪動物ERセンター センター長 近畿動物医療研修センター附属動物病院 呼吸器科・内科 診療部長

内科

 

黒島 稔也 Kuroshima Toshiya 動物病院京都 西京桂院 (旧:かつらがわ犬猫病院) 院長 日本動物病院協会(JAHA)内科認定医

軟部外科

 

平野 隆爾 Hirano Ryuji 右京動物病院 院長 日本動物病院協会(JAHA)外科認定医 日本動物病院協会(JAHA)総合臨床認定医

整形外科

整形外科診察および手術全般を実施します。小型犬の橈尺骨骨折はもちろん、骨盤骨折・大腿骨骨折・上腕骨骨折など様々な骨折を手掛けます。また膝蓋骨脱臼整復、前十字靭帯断裂整復なども最新の術式で実施します。術後は、ご希望に応じ当センター預かりもしくはかかりつけ医での入院が可能です。

木村 亮太 Kimura Ryota Synthes LCP & TPLO Seminar受講 テネシー大学公式認定CCRP(Certified Canine Rehabilitation Practitioner)認定取得 AO VET Small Animal Principles Course受講 AO VET Small Animal Advances Course受講 AO VET Small Animal Masters Course受講 BioMedtrix Micro & Nano Hip Workshop受講

腫瘍科

 

萩森 健二 Hagimori Kenji かもがわ動物クリニック 院長 獣医がん学会 認定医

脳神経科(協力病院)

 

中本 裕也 Nakamoto Yuuya Neuro Vets 神経科クリニック 院長 【歴任】 KyotoAR獣医神経病センター センター長

皮膚科

皮膚科では、一般皮膚疾患はもちろん難治性・免疫介在性・内分泌性皮膚疾患などに対する診察を行います。

朝比奈 良太 Asahina Ryota 京都大学大学院医学研究科皮膚科 特別研究員 日本獣医皮膚科学会認定医
園田 祐三 Sonoda Yuzo 動物病院京都 院長

眼科

眼科では、白内障・緑内障は勿論、角膜疾患(びらん・潰瘍など)、水晶体脱臼、腫瘍など幅広く診察します。また、視神経炎などMRIを必要とする疾患の場合は、神経科との連携を密にします。2021年から、眼科手術も常時実施できる体制を整えていく予定です。

村松 勇一郎 Muramatsu Yuichiro 日本動物高度医療センター眼科 赤塚犬猫病院

アレルギー科

アレルギー科では、犬猫のアレルギー性皮膚疾患、特に犬アトピー性皮膚炎や食物アレルギーのアレルギー検査結果の解釈を含めた診察を行います。他科との連携により、アレルギー性の呼吸器・消化器疾患も治療します。

向坂 武司 Mukousaka Takeshi 向坂犬猫病院 院長 獣医アトピー・アレルギー・免疫学会 認定医